2011年08月17日

北海道知事が泊原発3号機運転再開を決める

北海道知事高橋はるみ氏が、17日午後、北海道電力泊原子力発電所の泊原発3号機の営業運転再開を認めることを表明した。
ただ再開容認までの動きを見ていると、経産省と道知事の間にはなんだか話がすでに出来ていたような感じを持つのは私だけでしょうか。
経産省からというより、今行き場を失ってしまった海江田氏からの要望が道知事へ大きくのしかかってきたような感じがします。
通常調整運転は1ヶ月のところ、5ヶ月間も調整してきた泊原発3号機に対して、経産相側から申請を北電に促してみせ、それに道知事が自治体の了解無しに認めるのはけしからんとクレームをつける。
海江田大臣が、知事が同意するまで検査終了証の交付をみあわせると、道知事は保安院のチェックと原子力安全委員会のダブルチェックは評価できるとのコメントの下、検査終了容認意見を出した。
ダブルチェックの下、安全を確保することが出来るように動いたというのは経産省から道知事に行った話のような気もしますね。
そして今日の運転再開となるわけですが、安全委員長の斑目氏は、定期検査については保安院の管理下にあり、安全委員会が承認する権限は無いといっており、保安院が認めればそのまま承認するということを言っているようだし、一体ここのところはどのようになっているのかよくわからない状況である。
原子力安全委員会というのは不必要な組織のような気がしますね。



泊原発の再開容認を表明、北海道知事 “例外”で全停止恐れ消えず 
産経新聞 8月17日(水)13時45分配信

 北海道の高橋はるみ知事は17日午後、記者会見し、北海道電力の泊原発3号機(泊村)の営業運転再開を認める考えを表明した。これを受け、海江田万里経済産業相は、北電に検査終了証を交付する。東京電力福島第1原発事故後、原発が営業運転に入るのは初めて。
 泊原発3号機は、東日本大震災直前の3月7日に再起動し、定期検査の最終段階である調整運転に入り、フル出力で稼働し、電力の供給も行ってきた。通常の調整運転は1カ月程度だが、原発事故の影響で最終検査の申請が行われず、調整運転が5カ月に及ぶ異例の事態となっていた。
 北電は8月9日に最終検査を申請し、10日に検査が終了。海江田経産相は当初、11日に営業運転への移行を認める方針だった。しかし、高橋知事が、地元の意向を確認しないまま、経済産業省原子力安全・保安院が北電に最終検査の申請を促したとして反発。海江田経産相は、知事が同意するまで終了証交付を見合わせていた。
 知事は16日の道議会特別委員会では、保安院に加え、原子力安全委員会が最終検査に関与したことについて、「二重チェックは評価できる」と述べ、容認の意向を表明していた。
 ただ、泊原発は「実質的に営業運転と変わらない状況にあり、停止している原発の再稼働とは別問題」(立地自治体関係者)と“例外”扱いする声は多く、定期検査終了後の原発の再稼働が進むかは不透明だ。泊原発3号機が再び定期検査で停止する来年5月にも、全国54基の原発がすべて停止する懸念は消えていない。


posted by 嵯峨睦 at 18:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月19日

汚染稲わらを与えられた肉牛38都道府県に出荷

放射性セシウムに汚染された稲わらを餌として与えた肉牛が出荷された件で、FNNがまとめたところによるとすでに38都道府県にものぼり、648頭が出荷されていると言う。
出荷されていない県を探すほうが早くなってきましたね。
厚生労働省では、昨日18日のTVタックルで汚染牛肉を食べてもすぐ体調に変化が出ることは無く、食べても安全ですという小冊子を300万部も作って各都道府県に配布したそうです。
出演していた人たちもあきれてものも言えないという状況でしたね。
如何に現政権が目先のことだけ見て動いているかということが見て取れますね。
今は、この汚染わらの出所を明確にして、何故このようになったかを解明するのが先決ですね。
当然その間の汚染牛はしっかりと仕分けをしたうえで、必要な出荷停止を講じることです。
今汚染稲わらは、宮城県産の稲わらが主として報告されているようですが、何故宮城県産なんでしょうか。
福島県産が使用できないといったとき、どうして隣の県の宮城県産になる理由も分からないですね。
又宮城県産の稲わらがどうしてこれほど放射線に汚染されているんでしょうか。
放射性物質の拡散、飛散の状況は履歴として確認できないものでしょうか。
分からないことが多いです。



放射性セシウム汚染わら問題 わらを与えた肉牛、38都道府県に648頭出荷 FNNまとめ
フジテレビ系(FNN) 7月19日(火)6時28分配信


放射性セシウムに汚染されたわらを与えた肉牛が出荷されていた問題は、さらに505頭が出荷されていたことが新たに明らかになった。
福島県は、県内の畜産農家を対象に実施した立ち入り調査で、二本松市に本宮市、須賀川市など、あわせて7つの農家が汚染されたわらを与えた肉牛411頭を出荷していたことを発表、東京都など6つの都県に流通していたという。
須賀川市の牧場経営者は、「宮城から仕入れたから、安心だなと思っていた。地元のもの(わら)は使っていなかった」と話した。
また、新潟・長岡市でも、同様の肉牛24頭が東京都などに出荷されていたことが新たにわかった。
この24頭に与えられたわらからは、国の暫定基準値の8〜15倍の濃度の放射性セシウムが検出されている。
さらに18日夜になって、山形県は尾花沢市などの畜産農家2軒のわらから、国の基準を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。
すでに東京都などに70頭が出荷されているという。
FNNのまとめで、汚染されたわらを与えられた肉牛は、これまでに38都道府県に648頭が出荷されている。
posted by 嵯峨睦 at 08:15 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月13日

梅雨明け後猛暑日続く、群馬館林で37.5度

今週1週間暑い日が続くようです、11日は、関東の内陸部と、北陸の一部が暑かったようです。
東北は梅雨明けしたばかりで、天気予報では、梅雨明け後10日間くらいは暑い日が続きますよといっていましたが正にその様です。
熱中症で病院に運ばれる人も昨年と比較しても5倍の数字となっているようで、史上最高の暑さを記録した昨年よりも熱中症などの被害は大きそうである。
この1週間がピークでその後は落ち着くんだというのであれば、なんとしても耐えて頑張ろうという気になるのですが、今はまだ7月13日で梅雨明けしたばかり、夏本番はこれからというのが気にかかります。



今後1週間、猛暑続く=東・西日本、熱中症に注意―気象庁
時事通信 7月11日(月)19時4分配信


 気象庁は11日、東日本と西日本では18日ごろにかけて太平洋高気圧に覆われ、最高気温が35度以上の猛暑日となる所があるとして、熱中症や農作物の管理に十分注意するよう呼び掛けた。11日は東北地方で梅雨明けし、今年の梅雨明け(速報値)は全国各地で平年より7〜17日間早かった。
 地方別では、関東甲信は11〜18日ごろ、東海では13〜18日ごろ、近畿では14〜18日ごろにかけて猛暑日となる所がある見通し。
 11日の全国最高気温は群馬県館林市の37.5度。続いて福島県喜多方市が37.4度、埼玉県熊谷市が37.3度、福井県小浜市と京都府舞鶴市が37.0度だった。喜多方市は7月の同所の観測史上最高気温を更新した。
posted by 嵯峨睦 at 12:06 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月12日

7月11日全国梅雨明け、電量使用量今夏最大

 東北地方が梅雨明けした7月11日、東京・東北の電力管内で電力需要が午後2時台でそれぞれ4599万キロワット・1183万キロワット仁達し、この夏最大を記録した。
一般的に、梅雨明け後10日間くらいは晴れた日が続き、暑い日が続くようですが電力需給見通しはどのようになりますかね。
無理な節電のために熱中症を危惧する声も多く出てきている中、今夏の電力需給がよい具合に収まってくれるかどうかは、分かりづらくなってきているのでは無いでしょうか。
暑い日が数日続くと、気温が下がっても電力使用量は下がらないといいます、当然急に暑くなったとしても電力使用量は一気には上がらないんでしょうから、この暑さが続けば大きく使用量が上がってくる可能性がありますね。
大規模停電につながらないよう、熱中症に気をつけながら節電に努めましょう。。



<電力需要>東電管内 午後2時台に今夏最大を記録
毎日新聞 7月11日(月)21時26分配信


 東京電力管内の電力需要が11日、ピークの午後2時台に4599万キロワットに達し、この夏最大を記録した。東北電力管内でも同日、午後2時台に電力需要が1183万キロワットとこの夏最大となった。各地で梅雨明けし、猛暑でエアコン使用が増えたためとみられる。
 東電は最大供給力(5200万キロワット)に対する使用率が約88%、東北電は最大供給力(1275万キロワット)に対する使用率が約93%に上った。ただ、東電管内は7月に入ってからの使用率が90%を下回っており、比較的低い水準で推移している。1日からの政府の電力使用制限令(15%節電に違反した大口需要家には罰金)に加え、家庭や企業の節電が効果を発揮しているとみられる。だが、今後も暑さが続くため、東電と東北電は「引き続き節電への協力をお願いしたい」と呼びかけている。【立山清也】

posted by 嵯峨睦 at 06:52 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月11日

ロシアボルガ川で観光船沈没100名余りが不明

ボルガ川で観光船が沈没し、102人が行方不明となっているらしい。
ロシア非常事態省では10日深夜、ダイバーを動員し捜索を続け、船内から1名の遺体を収容し死者は計2人になったという。
沈没したのは岸から3キロメートルの川中央部と見られ、20メートルの深さに沈んでいる模様。
乗船していたのは、180人余りと見られ、84人が通りかかった船などに助けられたが、約100人ほどが行方不明となっており、安否は絶望的と見られているという。
観光船は180人もの乗船で、定員オーバーが沈没の原因ではないかと見られているという。残念!!


生存者発見は絶望的か=観光船沈没―ロシア
時事通信 7月11日(月)6時47分配信

 【モスクワ時事】ロシア中部タタルスタン共和国のボルガ川で観光船が沈没した事故で、非常事態省は10日深夜、ダイバーを動員した捜索を続け、船内から1人の遺体を収容、死者は計2人となった。これまでの情報では行方不明は102人に上っているが、同省は生存者発見の可能性は極めて低いとの見方を示した。
 観光船は岸から約3キロ離れた川中央部の約20メートルの深さに沈んでいる。
 捜査関係筋によると、観光船には定員オーバーの180人以上が乗船していたとみられ、客を乗せ過ぎたことが事故原因との見方が出ている。 


posted by 嵯峨睦 at 10:04 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月06日

震災復興担当大臣の辞任と菅内閣

松本復興相がたった9日間で辞任となった。
被災地での各県知事との対談での高圧的な言動を咎められての辞任ということだが、本人は、当初はまったく問題無しとの見解を示していた。
だが世の中の見方はそれほど甘くは無かったということでしょうか。
東北ニュースで宮城県知事との対談の様子がテレビで流されると、与野党問わず、被災者からまで大臣を非難する声が巻き上がった。
そんなことから耐えられなくなった大臣は、辞任を決めたのでしょう。
この辞任に対して菅総理はこの大臣に対して一旦慰留をしたといいますが、大臣の辞意は固く了承となった模様です。
今こんな内閣ではまともな復興計画は出来ないという意見が、被災地から出てきている中、退陣時期は明確にしていないながらも退陣の約束をしている菅内閣は早々に次に座を明け渡すことが賢明ではなかろうか。
今この内閣が復興に携わっていても、まったく進展が認められそうもないし、いても迷惑なだけという感じがありますね。
とっくに死んでいる内閣には1日も早く去ってもらいたいと思いますね。




閣僚辞任は4人目、「政権末期の象徴」との指摘
読売新聞 7月5日(火)20時42分配信



 菅内閣での閣僚辞任は、松本龍氏で4人目となった。
 最近では、自民党の安倍政権でも、閣僚が次々に辞任する事態が起こった結果、短命政権に終わっており、「政権末期の象徴」との指摘が出ている。
 安倍政権では、安倍首相が2007年6月、自殺した松岡利勝農相の後任に赤城徳彦氏を起用したが、赤城氏の政治団体に不適切な会計処理問題が発覚したことに加え、顔にばんそうこうを張って記者会見に臨み、理由を明確に説明できなかったこともあり、同年8月に更迭した。安倍氏は内閣改造で新たな農相に遠藤武彦氏を起用したが、今度は遠藤氏が組合長を務めた農業共済組合が、国から補助金を不正受給していた問題が発覚、遠藤氏は就任8日目に辞任に追い込まれた。
 約3か月で農相3人が交代する異常事態で政権基盤は弱体化し、安倍氏は同年9月に退陣に追い込まれた。

posted by 嵯峨睦 at 06:08 | 長野 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月05日

松本復興相が辞表提出

松本復興相が宮城県知事などに対しての不適切発言の責任をとる形で菅首相に辞表を提出し、菅首相はそれを了承したそうです。
今後の復興に対して力を発揮するためには、この被災地住民からまでも反発を受けた不適切発言ではやっていけないと判断したのでしょう。
それにしても今後の復興はどうなってしまうんでしょうね、菅総理の下で復興に力を尽くそうという人、または力を発揮できる人はいるんでしょうか。
野党は菅総理にこの大臣に対する任命責任を求めるということでしたが、どうせ国会はごたごたするのであれば、そのまま菅首相の責任追及をして、総理を退任に追い込むことも必要では無いでしょうか。
この問題に関しても、だんまりを決め込む菅首相を見ていて、この政権の下では何をやってももううまくいくことは無いように感じるし、菅総理にも早くそのことに気づいていただきたいと心から思っています。


毎日新聞 7月5日(火)9時14分配信


 松本龍復興担当相は5日、岩手、宮城県知事への不適切な発言の責任をとり、菅直人首相に辞表を提出した。
posted by 嵯峨睦 at 09:48 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月04日

東北地方は5日に強い雨の予測

 九州北部、北陸、東北地方で大雨の予報が出ていますね。
梅雨雨前線が大分北上してきたようですね、6月30日頃は関東などが大雨でしたので徐々に前線が北上しているようです。
今月10日までの週間予報では雨と曇りの日が続くようですが、その後はどうなっていくんでしょうか。 
東北地方では、7月1日から8月1日までだと降水は平年どうり雨の日が多いということですので、まだ梅雨明けには遠いんでしょうかね。
早く梅雨明けしてほしいですね。晴れてもいないのにじめじめとしていて気温が高い状態だと憂鬱ですね。
 


東北地方など各地で激しい雨の恐れ
読売新聞 7月4日(月)5時15分配信


 梅雨前線の影響で、東北地方では、4日夕方にかけて1時間に40ミリ、西日本と東日本では4日朝から5日朝にかけて、局地的に1時間に40〜50ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。
 気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水などに警戒を呼びかけている。
 同庁によると、5日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、北陸、九州北部地方(山口県を含む)で150ミリ、北海道、東北、東海、近畿、中国、四国地方で120ミリ、甲信地方で100ミリの見込み。九州南部では5日朝から大雨となる恐れがあるという。

posted by 嵯峨睦 at 09:48 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月03日

原発事故避難3ヶ月、死亡高齢者77人

 原発事故による30キロ圏の避難した特別養護老人ホームと養護老人ホーム計12施設の入所者826人のうち、約9.3%にあたる77人の高齢者が事故から3ヶ月以内に死亡していたことが分かった。
昨年同期の12施設での死亡者は25人前後ということなので、約3倍にもはね上っていることが分かります。 
このうちの約3割に当たる23人の遺族が自治体に災害関連死の申請をしているという。
ここでもやはり、原発事故さえなければという思いが頭をよぎります。 



30キロ圏から避難3か月、高齢者77人死亡
読売新聞 7月2日(土)3時3分配信


 東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で、同原発からおおむね30キロ圏内にあり、移動を余儀なくされた特別養護老人ホームと養護老人ホーム計12施設の入所者826人のうち、77人が事故から3か月以内に死亡していたことがわかった。

 12施設の昨年同期の死者は25人前後で、この約3倍に上る。各施設では移動や避難生活での疲労、環境変化などが多くの死につながったとみており、少なくとも23人の遺族が自治体に災害関連死の申請をしている。今後、東電による賠償の問題も浮上するとみられる。

 30キロ圏内にある15施設(特養ホーム13施設、養護老人ホーム2施設)のうちの11施設と、30キロ圏のすぐ外側にあり、圏内施設と同法人が運営する1施設の計12施設が取材に回答した。

posted by 嵯峨睦 at 06:33 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年07月02日

松本地震、初めて死亡者1人確認

 松本地震で、初の死者が確認されたというニュースが出ました。
松元市並柳に住む44歳の男性界社員で、6月30日仁確認された震度5強の地震で室内の積んであった本が崩れその下敷きになったものと見られています。
個人の家で本の下敷きとは、一体どのくらいの本を積み上げてあったんでしょうね。
今回の地震は来る来ると言われている午伏寺断層に起因するものかどうかは分かっていませんが、地震規模はマグニチュード5.4と比較的小さかったものの揺れはかなり激しかったようです。
午伏寺断層に起因する地震は規模でマグニチュード8.0も想定されており、ちょっと怖い気もします。
東日本大震災以降、福島、茨城、岩手、長野の各地での地震が注意を引きますね。 
北アメリカプレートの淵に沿った地域での地震という風に見えます。
 


<松本地震>本の下敷き 男性が死亡
毎日新聞 7月1日(金)22時55分配信


 1日午前10時ごろ、長野県松本市並柳のアパートで、住人の会社員、安田勇一さん(44)が本の下敷きになって死亡しているのを県警松本署員が発見した。県中部を震源とする6月30日の地震で、同市は震度5強を観測しており、県警は室内に積んでいた本が地震で崩れ、安田さんは下敷きになったとみている。この地震による死者が確認されたのは初めて。
 同署によると、安田さんの勤め先の同僚から1日朝、「出勤してこないので安否を確認してほしい」という通報があり、署員がアパートを訪れて遺体を発見した。【小田中大】
posted by 嵯峨睦 at 08:06 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。