2007年03月07日

看護士不足

今日本では病院の看護士が不足している。看護士は看護学校を卒業し、資格を持って病院に就職するわけですが、1年以内にやめていく人がたくさんいるそうです。

このことについてアンケートをとったところやめていく人の退職理由が、今までは結婚、妊娠、出産、育児、といったところであったがここのところ仕事に自信がもてないという人が増えているという。

近年の医学の進歩や複雑さが増えていくにしたがって、薬の種類も多様化し、病院で使用する医学機器もどんどん新しくなって看護学校で習得する技術では実際役に立たなく感じられているようだ。

この事に対して対処を始めている病院もあるようですが、まだまだ少数です。学校で教えるスピードと現場の変化のスピードがあっていないということです。

ただ実質仕事自体は追われるほどの量があり、勉強しようにも時間が限られていることもあり、自分の技術力アップができない。またいったん間違えたりすれば患者さんの命に関わる事も考えられることから未熟さを悩み、自分を責めてやめていく人が増えているという。

仕事に対してまじめに考えている人が、自分の力の不足を悩み仕事から離れていくなどとは、これからの日本の人材の損失の最たるものである。



タグ:病院 病気 悩み
posted by 嵯峨睦 at 08:07 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年03月04日

中国と日本

中国の面積は約960万平方キロで世界3番目の広さになり、日本の38万平方キロからすると大雑把に言うと25倍くらいあることになります。

人口で言うと2005年で13億756万人、日本の1億2,000万人からすると大雑把に10倍になります。

国家予算は約2,807億元(日本円:約4兆円)、日本の国家予算は約80兆円ですので約20分の1になります。

中国のGDP(国内総生産)は2兆6,000億ドル、一人当たりGDPは1,700ドル。
日本のGDP4兆1,670億ドル、一人当たりGDPは29,400ドル。
全体比率は5分の3(62%)、一人当たりは20分の1(5.7%)

経済大国上位10(GDPの世界に占める割合)
 1820年
   中国 インド フランス 英国 ロシア 日本 
   オーストリア スペイン 米国 プロシア
 1992年
   米国 中国 日本 ドイツ インド フランス イタリア
   英国 ロシア ブラジル

これを見ると江戸時代の日本の経済力は世界6位にありそんなに悪くなかったことになります。
中国にいたっては世界の超経済大国であったことが伺えます。今中国の経済は回復の時代だということができます。

今現在の数字だけを見ると中国の日本との差が際立ってしまいますが、別の購買力平価換算という数字を使用すると、中国のGDPは今現在で日本の2倍になっているそうです。



posted by 嵯峨睦 at 10:50 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年01月16日

地球温暖化

地球環境問題については、国家だけではなく民間も力を入れているように見受けられた。

しかし現実は日本において二酸化炭素の削減では目標6%の削減プラス8%の追加が必要になっているという。

皆が一生懸命二酸化炭素削減に努力しているにもかかわらず、現実は反対に二酸化炭素排出量はどんどん増加していっていることになります。

京都議定書の決議にのっとって決められたこととして努力の甲斐なく、削減量が増加するというジレンマに陥っている。

このままでは地球の温暖化は加速度的に進み、人間の未来はないのではないか。この危機感からTBSでは特集を組むという。
何かが違ってきているのではないかと思われるような事件ばかり起きているような気がするのは私だけだろうか。

posted by 嵯峨睦 at 00:12 | 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。