2011年07月12日

7月11日全国梅雨明け、電量使用量今夏最大

 東北地方が梅雨明けした7月11日、東京・東北の電力管内で電力需要が午後2時台でそれぞれ4599万キロワット・1183万キロワット仁達し、この夏最大を記録した。
一般的に、梅雨明け後10日間くらいは晴れた日が続き、暑い日が続くようですが電力需給見通しはどのようになりますかね。
無理な節電のために熱中症を危惧する声も多く出てきている中、今夏の電力需給がよい具合に収まってくれるかどうかは、分かりづらくなってきているのでは無いでしょうか。
暑い日が数日続くと、気温が下がっても電力使用量は下がらないといいます、当然急に暑くなったとしても電力使用量は一気には上がらないんでしょうから、この暑さが続けば大きく使用量が上がってくる可能性がありますね。
大規模停電につながらないよう、熱中症に気をつけながら節電に努めましょう。。



<電力需要>東電管内 午後2時台に今夏最大を記録
毎日新聞 7月11日(月)21時26分配信


 東京電力管内の電力需要が11日、ピークの午後2時台に4599万キロワットに達し、この夏最大を記録した。東北電力管内でも同日、午後2時台に電力需要が1183万キロワットとこの夏最大となった。各地で梅雨明けし、猛暑でエアコン使用が増えたためとみられる。
 東電は最大供給力(5200万キロワット)に対する使用率が約88%、東北電は最大供給力(1275万キロワット)に対する使用率が約93%に上った。ただ、東電管内は7月に入ってからの使用率が90%を下回っており、比較的低い水準で推移している。1日からの政府の電力使用制限令(15%節電に違反した大口需要家には罰金)に加え、家庭や企業の節電が効果を発揮しているとみられる。だが、今後も暑さが続くため、東電と東北電は「引き続き節電への協力をお願いしたい」と呼びかけている。【立山清也】



posted by 嵯峨睦 at 06:52 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。