2011年04月19日

節電対策は証券界にも=金融庁が室温30度以上の設定要望

 夏場の節電対策として金融庁が証券業界に対して、7月〜9月のエアコンの設定温度を裁定30度以上にするよう促したことが分かった。
 これに対して、証券界は室温30度の設定は過酷で「熱中症患者が出るのでは」と嘆く声もあるようだ。
しかし室温30度で熱中症患者が出るとはよく言ったもので、日本人は冷房に慣れすぎて堪えるという事を忘れてしまったようだ。
しかしながら、これを言い出した金融庁のエアコンの温度設定もしっかりこれからモニタリングする必要がありますね。
言い出した以上自分たちがエアコンの設定を甘くすることは許されませんから。
 


<節電策>「室温30度」に証券困惑 金融庁指針「熱中症心配」
毎日新聞 4月19日(火)9時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000002-maiall-soci

 夏場の節電対策の一環として、金融庁が証券業界に対して、7〜9月のオフィスのエアコン設定温度を「最低30度以上」にするように促したことが18日分かり、波紋を広げている。証券会社は、取引システムなどに最も電力を使うが、顧客の売買などに影響しかねないだけに大幅な節電は難しい。このため、大口需要家に課される電力使用量25%削減の達成は、オフィスの空調や照明の大幅な節電が不可避。ただ、金融庁の室温30度“推奨”は過酷で「熱中症患者が出るのでは」(大手証券)と嘆く声も出ている。
 金融庁は4月上旬、日本証券業協会を通じて大手証券各社に夏場の電力不足に向けた「節電ガイドライン(指針)」を通知。その中で対策例として「(東京電力管内の本支店で)空調温度を最低30度以上へ引き上げること」をあげた。各社に強制するものではないが、当局が例示した以上、各社は検討せざるを得ない。
 また、顧客離れを懸念する大手各社は投資相談などを受ける本支店の店舗部分はなるべく涼しくしたい考えで、25%削減にはオフィス部分で暑さを我慢するしかないのは事実だ。
 ただ、さすがに30度設定は厳しく、ある大手証券幹部は「一部の部屋だけを涼しくして、大勢の社員を詰め込んで働くしかないのか」と話すが、現実味に乏しい。このため、各社は夏場の期間中、本社機能の一部を電力使用の制約がない大阪に移すことや、一部支店を休業することも検討していく考えだ。【田所柳子】


posted by 嵯峨睦 at 14:32 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

緊急節電対策
Excerpt: これも夏の節電対策なのか? 夏の節電対策の一環として、夏休みを増やすことになりそうだ 派遣先は、元々夏休みが選択制で、7月の終わりから1週間ずつ、業務に支障が出ないよう交代で取る事になっている。 仮に..
Weblog: ちょっとレアなニュースダイジェスト
Tracked: 2011-05-12 13:39
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。