2010年09月28日

<京都府警>ネット流出男逮捕 映画21500作品

 5年間で21500作品をウィニーで流出させたとして、京都府警に茨城県日立市のホテル従業員重川祐二容疑者(37)が逮捕された。
年間4300本、月間 360本、一日あたり12本をアップさせていたことになりますね。
これってウィニーを使った映画流出がどういうようになされるのか知りませんけど、可能なんでしょうね。
いったいどのようにして映画を手に入れたのか、どのように管理していたのかこれだけの量をもっていたことに対しても興味深いことです。
1日10本以上の映画を、ネット上に公開していたわけだから、このことだけでも驚嘆に値します。
その情熱があれば、もっといろいろのことが出来ているような気がしますね。


ウィニー使いネット流出、映画など2万作以上か
読売新聞 9月27日(月)21時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00001111-yom-soci

 ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を使って国内未公開の映画を流出させたとして、京都府警は27日、茨城県日立市鮎川町、ホテル従業員・重川裕二容疑者(37)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で逮捕した。
 同容疑者のパソコンを解析した結果、5年前から映画など約2万1500作品を流出させたとみられる。
 発表では、重川容疑者は4月7日、その2日後に日本で公開された米映画「シャッターアイランド」の日本語字幕付き映像を自宅のパソコンからウィニーを通じてネット上に流し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。警察庁が今年1月に導入した、ファイル共有ソフトを使って流通する違法動画の監視システムで7月に見つかり、府警が捜査していた。


posted by 嵯峨睦 at 11:35 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。