2010年07月01日

<町田市>人工透析で管外れ73歳出血死 警報ブザー調査せず 

 東京都町田市の病院で、女性患者が人工透析中に出血し、翌日に死亡、警察では医療ミスの可能性で、業務上過失致死容疑で捜査。
警察によると、患者は都内在住女性(78)で、「あけぼの第二クリニック」の定期的な人工透析を受けていた。
14日に、透析を受けたが、3時間後に異常を知らせる警報が鳴ったが、30代の看護師が異常警報の内容を調べず、透析を続けた。
数分後再びブザーがなり、確認すると、透析機器と体内をつなぐチューブが外れており、女性は出血。
医師の手当てを受けて入院したが、15日午後に死亡したという。
看護師が警報を無視したことは、医療に従事するものとしてあってはならないことだが、それ以外については何も判定でいませんね。
どうなって行くんでしょうか。


<人工透析>管外れ73歳出血死 東京・町田のクリニック
6月30日21時43分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000102-mai-soci

 東京都町田市の「あけぼの第二クリニック」で6月、同市内の無職女性(73)が人工透析を受けた際、血液を体内に送るチューブが外れ、大量出血する事故があったことが分かった。女性は翌日死亡し、司法解剖の結果、死因は出血性ショックだった。警視庁町田署は業務上過失致死容疑で捜査している。
 町田署によると、女性は同月14日午後、クリニックで人工透析を受けた。約3時間後に異常を知らせるブザーが鳴ったが、30代の男性看護師が異常はないと判断し透析を続けた。数分後に再びブザーが鳴り、確認したところ、右太ももに刺したチューブが外れ、血液が大量に流れ出ていた。
 女性は腎不全を患い、定期的に同クリニックで人工透析を受けていたという。同クリニックは取材に「責任者がいないので対応できない」と話した。【神澤龍二】


posted by 嵯峨睦 at 10:25 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

あけぼの第二クリニック 人工透析
Excerpt: おや本当ですか〜〜これは すごいですね!!みんなに教えてあげよ♪人工透析で管外れ73歳出血 。<人工透析>管外れ73歳出血死 東京・町田のクリニック 6月30日21時43分配信 毎日新聞 ..
Weblog: ライブハウスは狭いね
Tracked: 2010-07-01 20:58
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。