2011年08月17日

北海道知事が泊原発3号機運転再開を決める

北海道知事高橋はるみ氏が、17日午後、北海道電力泊原子力発電所の泊原発3号機の営業運転再開を認めることを表明した。
ただ再開容認までの動きを見ていると、経産省と道知事の間にはなんだか話がすでに出来ていたような感じを持つのは私だけでしょうか。
経産省からというより、今行き場を失ってしまった海江田氏からの要望が道知事へ大きくのしかかってきたような感じがします。
通常調整運転は1ヶ月のところ、5ヶ月間も調整してきた泊原発3号機に対して、経産相側から申請を北電に促してみせ、それに道知事が自治体の了解無しに認めるのはけしからんとクレームをつける。
海江田大臣が、知事が同意するまで検査終了証の交付をみあわせると、道知事は保安院のチェックと原子力安全委員会のダブルチェックは評価できるとのコメントの下、検査終了容認意見を出した。
ダブルチェックの下、安全を確保することが出来るように動いたというのは経産省から道知事に行った話のような気もしますね。
そして今日の運転再開となるわけですが、安全委員長の斑目氏は、定期検査については保安院の管理下にあり、安全委員会が承認する権限は無いといっており、保安院が認めればそのまま承認するということを言っているようだし、一体ここのところはどのようになっているのかよくわからない状況である。
原子力安全委員会というのは不必要な組織のような気がしますね。



泊原発の再開容認を表明、北海道知事 “例外”で全停止恐れ消えず 
産経新聞 8月17日(水)13時45分配信

 北海道の高橋はるみ知事は17日午後、記者会見し、北海道電力の泊原発3号機(泊村)の営業運転再開を認める考えを表明した。これを受け、海江田万里経済産業相は、北電に検査終了証を交付する。東京電力福島第1原発事故後、原発が営業運転に入るのは初めて。
 泊原発3号機は、東日本大震災直前の3月7日に再起動し、定期検査の最終段階である調整運転に入り、フル出力で稼働し、電力の供給も行ってきた。通常の調整運転は1カ月程度だが、原発事故の影響で最終検査の申請が行われず、調整運転が5カ月に及ぶ異例の事態となっていた。
 北電は8月9日に最終検査を申請し、10日に検査が終了。海江田経産相は当初、11日に営業運転への移行を認める方針だった。しかし、高橋知事が、地元の意向を確認しないまま、経済産業省原子力安全・保安院が北電に最終検査の申請を促したとして反発。海江田経産相は、知事が同意するまで終了証交付を見合わせていた。
 知事は16日の道議会特別委員会では、保安院に加え、原子力安全委員会が最終検査に関与したことについて、「二重チェックは評価できる」と述べ、容認の意向を表明していた。
 ただ、泊原発は「実質的に営業運転と変わらない状況にあり、停止している原発の再稼働とは別問題」(立地自治体関係者)と“例外”扱いする声は多く、定期検査終了後の原発の再稼働が進むかは不透明だ。泊原発3号機が再び定期検査で停止する来年5月にも、全国54基の原発がすべて停止する懸念は消えていない。


posted by 嵯峨睦 at 18:00 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。