2010年09月30日

自主開発油田を目指すアザデガン油田から日本撤退

 アメリカからの圧力で、イランとの独自外交を推し進めていた日本の石油開発事業がいったん頓挫します。
国際石油開発帝石(INPEX)が、イラン南西部・アザデガン油田の開発から撤退するということです。
日本はアメリカのイラン制裁措置で、INPEXが制裁対象企業に盛り込まれることを避けたものだということのようですが、このリストからはずしてもらうための代償としてアザデガン油田開発からの撤退という事態になったものです。
日本が中国に先覚問題でひざを折り、アメリカの助けを請うことになったことも大きな影響だと思われるようなニュースですよね。
日本が独立国家として、生きていくために何を守り、何を犠牲にするのかもっと議論されるべきなんでしょうか。
いずれにしても、大国に対して日本がどのような動きをするのか、この民主党政権が国の内外で試されているような気がします。 
 



イラン油田から日本撤退へ、米要求受け入れ
読売新聞 9月30日(木)3時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000136-yom-bus_all

 国際石油開発帝石(INPEX)が、イラン南西部・アザデガン油田の開発から撤退する方針を固め、政府内で最終調整に入ったことが29日、明らかになった。
 核兵器開発問題を抱えるイランに対する米政府の制裁措置を巡り、INPEXが制裁対象企業に盛り込まれることを避けるためとみられる。
 撤退すれば、自主開発油田の確保を目指してきた日本のエネルギー戦略や、中東での資源外交の見直しを迫られそうだ。
 制裁対象企業になれば、米系金融機関との取引ができなくなり米系企業との共同開発は中止に追い込まれかねず、世界各地での開発事業が重大な影響を受けかねない状況になっていた。
 このため、INPEXと経済産業省は、制裁対象リストからはずすように米政府と調整を進めていた。29日朝(日本時間30日未明)に発表されるリストからINPEXがはずれる見通しとなったため、代償として撤退する方向になった。


posted by 嵯峨睦 at 10:52 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。