2010年09月30日

自主開発油田を目指すアザデガン油田から日本撤退

 アメリカからの圧力で、イランとの独自外交を推し進めていた日本の石油開発事業がいったん頓挫します。
国際石油開発帝石(INPEX)が、イラン南西部・アザデガン油田の開発から撤退するということです。
日本はアメリカのイラン制裁措置で、INPEXが制裁対象企業に盛り込まれることを避けたものだということのようですが、このリストからはずしてもらうための代償としてアザデガン油田開発からの撤退という事態になったものです。
日本が中国に先覚問題でひざを折り、アメリカの助けを請うことになったことも大きな影響だと思われるようなニュースですよね。
日本が独立国家として、生きていくために何を守り、何を犠牲にするのかもっと議論されるべきなんでしょうか。
いずれにしても、大国に対して日本がどのような動きをするのか、この民主党政権が国の内外で試されているような気がします。 
 



イラン油田から日本撤退へ、米要求受け入れ
読売新聞 9月30日(木)3時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000136-yom-bus_all

 国際石油開発帝石(INPEX)が、イラン南西部・アザデガン油田の開発から撤退する方針を固め、政府内で最終調整に入ったことが29日、明らかになった。
 核兵器開発問題を抱えるイランに対する米政府の制裁措置を巡り、INPEXが制裁対象企業に盛り込まれることを避けるためとみられる。
 撤退すれば、自主開発油田の確保を目指してきた日本のエネルギー戦略や、中東での資源外交の見直しを迫られそうだ。
 制裁対象企業になれば、米系金融機関との取引ができなくなり米系企業との共同開発は中止に追い込まれかねず、世界各地での開発事業が重大な影響を受けかねない状況になっていた。
 このため、INPEXと経済産業省は、制裁対象リストからはずすように米政府と調整を進めていた。29日朝(日本時間30日未明)に発表されるリストからINPEXがはずれる見通しとなったため、代償として撤退する方向になった。


posted by 嵯峨睦 at 10:52 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月29日

メキシコ南部土砂崩れ500人超生き埋めか?

メキシコ南西部オアハカ州サンタマリア・トラウイトルテペックで28日未明山の斜面が幅約200メートルにわたって崩壊し、家屋約300棟が被災したとみられる。
現地当局者は同日、これまでに7人が死亡し、128人が行方不明になっていると述べた。
この地域では約2週間前から熱帯低気圧などの影響で豪雨が続き、州当局は27日、州内の広い範囲について緊急事態宣言を出していた。過去3日間の雨量は300ミリ近くに上った。29日にかけてさらに雨が続くとみられる。
サンタマリア・トラウイトルテペックは、州都オアハカから東へ約300キロ離れた山村で、住民約8500人という村だという。
知事によると、500〜1000人が 生き埋めになった可能性があるということだそうだ。

大きな地図で見る




土砂崩れで100人超不明=7人死亡、被害拡大の恐れ―メキシコ
時事通信 9月29日(水)6時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100929-00000026-jij-int

 【サンパウロ時事】メキシコ南西部オアハカ州で28日未明に起きた大規模な土砂崩れで、現地当局者は同日、これまでに7人が死亡し、128人が行方不明になっていると述べた。ロイター通信が伝えた。同州知事は、土砂崩れで500人以上が死亡した恐れがあるとしていたが、詳しい被害状況は分かっていない。
 地元メディアによれば、被災地に派遣された兵士が一部到着しているが、道路が寸断されるなどで救助隊の現地入りが遅れており、被害が拡大する可能性もある。
posted by 嵯峨睦 at 12:46 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月28日

<京都府警>ネット流出男逮捕 映画21500作品

 5年間で21500作品をウィニーで流出させたとして、京都府警に茨城県日立市のホテル従業員重川祐二容疑者(37)が逮捕された。
年間4300本、月間 360本、一日あたり12本をアップさせていたことになりますね。
これってウィニーを使った映画流出がどういうようになされるのか知りませんけど、可能なんでしょうね。
いったいどのようにして映画を手に入れたのか、どのように管理していたのかこれだけの量をもっていたことに対しても興味深いことです。
1日10本以上の映画を、ネット上に公開していたわけだから、このことだけでも驚嘆に値します。
その情熱があれば、もっといろいろのことが出来ているような気がしますね。


ウィニー使いネット流出、映画など2万作以上か
読売新聞 9月27日(月)21時43分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100927-00001111-yom-soci

 ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を使って国内未公開の映画を流出させたとして、京都府警は27日、茨城県日立市鮎川町、ホテル従業員・重川裕二容疑者(37)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で逮捕した。
 同容疑者のパソコンを解析した結果、5年前から映画など約2万1500作品を流出させたとみられる。
 発表では、重川容疑者は4月7日、その2日後に日本で公開された米映画「シャッターアイランド」の日本語字幕付き映像を自宅のパソコンからウィニーを通じてネット上に流し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。警察庁が今年1月に導入した、ファイル共有ソフトを使って流通する違法動画の監視システムで7月に見つかり、府警が捜査していた。
posted by 嵯峨睦 at 11:35 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月20日

米メキシコ湾、原油流出5ヶ月振りの終息宣言

アメリカ、史上最悪の原油流出事故が発生した、メキシコ湾岸のマコンド海底油田が、19日完全に封鎖されたことが確認されたとの米政府の発表があった。
事故発生以来の流出原油量は、5ヶ月で490万バレル(約7億8000万リットル)にも昇るという。
この事故が5ヶ月たって終息宣言を出したとしても、これだけ膨大な量の原油流出の後遺症がどのように取り除けるかが今後の課題ですね。
日本の三井物産の子会社もこの油田に利権を持っており、英国BP社より、アメリカに対する損害賠償に応じるよう求められていたが、それを拒否しているというニュースも流れていたようですが、どのような決着になっているんでしょうね。
こんごこの環境回復に向けた取り組みがどのように進んでいくかも世界の注目となる話題ですね。



油井の完全封鎖確認=流出事故から5カ月―米
時事通信 9月20日(月)1時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100920-00000004-jij-int

 【ワシントン時事】米政府は19日、史上最悪の原油流出事故をもたらしたメキシコ湾のマコンド海底油井が完全に封鎖されたことを確認した。4月20日の原油掘削施設爆発に伴い起きた流出事故は、発生から5カ月後に終結。今後は、大きな被害を受けたルイジアナ州など地元経済の復興と環境回復が最大の課題となる。
 英石油大手BPは油井の完全封鎖のため、油井の根元に向けて掘り進めた「リリーフ井戸」からセメントを注入。事故対策の統括責任者を務めるアレン元沿岸警備隊司令官は19日、圧力試験の結果から「油井は効果的に封じ込められた」と宣言した。
 エネルギー省などの科学者チームによると、事故発生以来の原油流出量は490万バレル(約7億8000万リットル)。1989年に起きたアラスカ沖原油流出事故(約4200万リットル)をはるかに超える大惨事となった。
 事故は、ルイジアナ州などの漁業、観光業に甚大な損害をもたらした。また、メキシコ湾や湿地帯に生息するウミガメや野鳥などの生態系への深刻な影響も懸念されている。BPは米政府との間で、被害救済に向けた補償基金に200億ドルを拠出することで合意している。
posted by 嵯峨睦 at 09:40 | 長野 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月18日

オゾン層破壊に歯止め 最初の会議から25年

 1985 初めて国際的にオゾン層破壊について取り組んだ会議で「オゾン層の保護に関するウィーン条約」を制定し、それから25年が過ぎやっとその効果を確認することになった。
世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)は16日、皮膚がんの原因となるなど人体に有害な紫外線を防ぐオゾン層に関する調査報告でオゾン層破壊に歯止めがかかったと発表した。
しかしながら、1980年代以前の水準に戻すには、2050年以降までかかってしまうようだ。
25年で歯止めがかかり、回復まではまだこれから40年の歳月が必要だということだ。
環境保護が今世界各国で言われているが、壊してしまったら回復にかける労力、歳月は計り知れないものがある。




オゾン層破壊に歯止め=回復は50年以降―国連機関
時事通信 9月17日(金)5時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000018-jij-int

 【ジュネーブ時事】世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)は16日、皮膚がんの原因となるなど人体に有害な紫外線を防ぐオゾン層に関する調査報告を発表、オゾン層を破壊するフロンガスなどを全廃した取り組みが奏功し、破壊に歯止めが掛かったと分析した。
 ただ、1980年代以前の水準に回復するのは2050年以降になると予測している。
 主に冷蔵庫やクーラーの冷媒に用いられていたフロンガスなどは、オゾン層を破壊する性質があるとされ、現在は代替冷媒が使われている。報告は、こうした破壊物質の全廃によりオゾン層が長期的には回復するものの、オゾンホールが頻発する南極大陸上空など両極圏での回復には、さらに時間がかかるとみている。
posted by 嵯峨睦 at 09:07 | 長野 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月17日

民主党代表戦余波がインターネットの世界へ

 2015年までに、日本全国に光回線などの超高速ブロードバンドの利用を可能にするという「光の道」構想が、今回の民主党代表選挙の結果を受け変わろうとしているという。
難しいNTTの経営形態の見直しということもテーマに含まれており、今回の選挙の結果が原口総務大臣という推進役を失ってしまえば結論を出せないまま難航すると見られている。
せっかく進めてきた、「光の道」構想は、世界に立ち遅れた日本のインターネットの世界の再生につながると期待していただけに非常に残念ですね。
どのような結果になるか注目してみていくつもりです。

影落とす「光の道」構想 迫る最終報告 総務相交代なら難航も
フジサンケイ ビジネスアイ 9月17日(金)8時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000037-fsi-bus_all
 2015年までに光回線などの超高速ブロードバンドの利用を国内全世帯で可能にする総務省の「光の道」構想に、不透明感が漂ってきた。原口一博総務相の肝いりの政策とあって、17日にも行われる内閣改造で総務相が交代すれば、構想実現に向けた作業が迷走しかねない。有識者でつくる総務省の作業部会は構想に関する最終報告を11月末にまとめる予定だが、難問であるNTTの経営形態見直しもテーマに含まれており、強力な推進役を失えば結論の取りまとめが難航することも予想される。
 ◆光アクセス網分離

 「この国の命運がかかっている。だれが総務大臣でも『光の道』構想はやらねばいけない」
 民主党代表選が行われた14日夜、原口総務相はCS放送の番組収録でこう強調し、自らの去就にかかわらず構想実現は日本に不可欠との考えを強調した。菅内閣の閣僚でありながら代表戦では小沢一郎前幹事長を支持しただけに、閣内に残るのは難しいとの観測は強い。
 最終報告に向けた作業部会の議論で焦点となるのは、NTT東西地域会社が保有する光アクセス網(電話局と家庭を結ぶネットワーク)の分離問題だ。
 作業部会は今年5月、(1)現状維持(2)同じ社内で他部門と分断する「機能分離」(3)NTT持ち株会社の下に別会社として置く「グループ内分社化」(4)NTTグループから完全に切り離す「完全分社化」−を取り得る方向性として例示した。

 ◆再編論議「時間不足」

 完全分社化を求めるソフトバンクは、完全分社化して新たに光アクセス網会社を設ければ(1)光回線は現行のメタル回線と同じ価格で提供できる(2)光回線は2.5兆円あればすべて整備できる(3)光アクセス網会社は黒字経営が可能−と主張してきた。
 これに対し、当事者のNTTは「そんなにいい話があるのにやらなければ、NTTの経営陣は怠慢ということになる」(鵜浦博夫副社長)と、皮肉を込めて否定。ソフトバンクの試算ではコストを少なく見積もっていて光アクセス網会社は赤字化が必至の上、「光回線の整備には2.5兆円の倍はかかる」(鵜浦副社長)と指摘している。
 ソフトバンクの孫正義社長は「大きな意思決定をするために政治家がいる」として、NTTの経営形態見直しをめぐる政治決断を原口総務相に期待していただけに、総務相交代となれば孫社長には大きな痛手となる。
 最終報告まで、作業部会に残された時間は2カ月余り。「過去のケースでも政治問題化し、ややこしくなった」(経済学者の池田信夫氏)とされるNTTの再編論議に一定の結論を得るには「時間不足」との指摘も多い。衆参で多数派が異なる「ねじれ国会」への難しい対応を菅政権が迫られる中、政治決断という“大なた”は振るいにくく、原口氏の去就次第では構想が宙に浮く恐れもある。(森田晶宏)
posted by 嵯峨睦 at 10:38 | 長野 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年09月07日

大阪の会社員が戸隠山で転落死

 長野県戸隠山の岩場で大阪の男性が転落死のニュース。
こんなきれいなところでなくなってしまった本人は、ここでなくなった事をどのように考えているんでしょうね。




戸隠山で男性転落死=大阪の会社員か―長野
時事通信 9月6日(月)19時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100906-00000124-jij-soci

 長野市の戸隠山(1904メートル)の岩場で6日午後2時ごろ、男性が倒れているのを長野県警のヘリコプターが発見、収容した。男性は全身を強く打ち、既に死亡していた。死亡したのは大阪市西淀川区千舟、会社員向井孝さん(35)とみられ、長野中央署が身元の確認を進めている。
posted by 嵯峨睦 at 10:47 | 長野 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
春コスメ モテ顔美人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。